• ホーム
  • 包茎手術で早漏も治療できるのか?

包茎手術で早漏も治療できるのか?

2019年05月25日
黄色のカプセルのケースと葉

日本人は体質的に包茎のリスクを抱えやすいです。
実際に半数近くの成人男性が、余分の皮に関してコンプレックスを持っているのが現実です。
ただし仮性包茎など、いわゆる自分で剥けるタイプのものならば、衛生的にも健康的にも特に大きな問題はありません。

一方で真性包茎だと、やや危険度が増します。
性病のリスク等に加えて、早漏症を患う危険度も増すため、出来れば早期に皮切除の手術を受けておきましょう。
真性包茎は厄介な問題ですが、専門家による手術で改善します。
早漏症の原因は、長年亀頭が余分な皮で守られ続けてきた弊害にあります。
その弊害が手術によって改善すれば、後は露わになった亀頭を鍛えるのみです。
ほとんど剥けなかった陰茎は、外部からの刺激に弱く、自慰や性行為時に早漏症をもれなく発症するでしょう。

しかし仮性包茎の方や、包茎でない成人男性が早漏症になる場合も少なくありません。
元々亀頭が敏感な方もいらっしゃいます。
体質的に亀頭が弱い方は手術や自慰トレーニングのみでは改善が進みません。
そういった方々は手術の効果が薄い、あるいは実感出来ないかもしれません。
包茎手術による皮切除は、亀頭を鍛えられる対策ですが、完璧な手段ではないのです。
その代替案として昨今、推奨されるのが早漏改善薬の服用になります。
科学的なアプローチで早漏症に対抗出来る早漏改善薬は、軽い仮性包茎または包茎以外の男性にも効果的な方法です。

性行為や自慰を開始する直前に早漏改善薬を1錠飲み込んでおけば、
落ち着いてプレイを始められます。
具体的なメリットはお薬の種類によりますが、
早漏改善薬を体内に取り込んでおけば、普段の三倍から四倍程度、射精を遅らせられます。
お薬の支援力を得れば、十分から十五分程、カップル間で挿入を楽しめます。
いつも良い所で果ててしまう方、彼女から毎回早過ぎると指摘を受ける男性陣は、
包茎手術と早漏改善薬の二点をよく検討しておきましょう。